長年の夢…満足する為には徹底的な比較が必要!

那須に別荘をもつ!~58歳、夢を叶える全記録~

別荘オーナーin那須-HOME »  1つじゃない!別荘の形 »  3:貸別荘

3:貸別荘

貸し別荘とは?

一軒家や連棟式の家、マンション型など、スペース全体を借りるタイプの宿泊施設のことで、貸別荘やコテージと呼ばれます。
寝具や浴室、キッチンなどがあることがほとんどで、「貸りる」という事を除けば、滞在中の利用方法は普通の別荘とほとんど変わりません。
所有の別荘を貸し出す場合と、仲介業者が取り仕切る場合の二つのタイプがあり、貸し別荘出と一口に言っても、タイプによって大きく違います。
一般的に、所有者から借りる方が、質も高く、プライベート感も高い別荘である場合が多いとされています。
 

貸し別荘のメリット・デメリット

メリット

貸別荘のメリットは、別荘と同じように、ゆっくりくつろぐことが出来る、ということでしょう。
基本的に、箱を借りるだけなので、宿泊施設としても安価になり、大人数や、長期の滞在に非常に向いています。
最近は、バケーション目的以外にも、自宅の建替えなどで、貸別荘を利用するケースもあるようです。
利用地に借りるだけなので、メンテナンスや、維持費の心配も無く、上手く利用すれば、非常に効率的な楽しみかたができるのも貸別荘の特徴でもあります。
 

デメリット

別荘の場合もそうですが、すべてを自分達で行なわなければならないので、料理、掃除、後片付けなどが大きな負担だと考える方も多いようです。
そして、一般の利用客のひとりでありますから、利用したい時にいつでもいけるわけではなく、繁盛期には予約が取れないといったことも、間々あります。このあたりは会員権と同じですね。
 

貸別荘のタイプ

貸別荘といっても種類や名称がいろいろあり、大きく分けて3つのタイプの貸別荘があります。
 

コンドミニアムタイプ
集合住宅タイプで、いわゆる「別荘」のイメージとは少しはなれています。
隣や上下に部屋があるため、他の宿泊者への配慮が必要となります。
独立性が低く、リゾートを満喫しようと考えている方には向きません。安価です。
 
連棟式 貸別荘タイプ
一戸建ての貸別荘が連なっているタイプで、仲介業者のいる多くの貸別荘がこれです。
部屋は広くて開放感があり、個人の貸別荘とそう変わりませんが、隣にも貸別荘が並んでいるため、プライバシーの確保が難しくなります。
庭などの施設も共有である場合も多く、使用についても確認や予約が必要なケースもあります。国内ではこのタイプの貸別荘が一番多いでしょう。
 
一戸建て貸別荘タイプ
独立した建物で、自由に自分達のペースで利用することができます。オーナー個人所有の別荘(貸別荘)である場合が多く、別荘自体の質も高い事がほとんどです。プライベート面も十分に確保され、近隣に住宅がなければ、大勢や子連れでの利用も、気兼ねがありません。
ただし
グループや広い敷地で優雅に過ごしたい人などに人気があります。
 

© 2009 那須に別荘をもつ!~58歳、夢を叶える全記録~ All Rights Reserved.